人気すっぽんサプリ「肥後すっぽんもろみ酢」と「すっぽん小町」を徹底分析!効果が高いすっぽんサプリをランキング形式で大決定!実際に使った本音の評価&口コミレビューを限定公開中!

人気おすすめすっぽんサプリランキング【2019】

ダイエット 成分 コラーゲン

コラーゲンは痩せる為に必要だった!?美肌以外に役立つダイエット効果とは?

更新日:

コラーゲンといえば、肌にうるおいやハリを与える成分として広く知られています。

また、その効果から多くのスキンケア商品に配合されている成分です。

 

このように美肌効果のイメージの強いコラーゲンですが、実はダイエットに欠かせない働きをに担っているということをご存知でしょうか?

 

そこで今回は、ダイエットとコラーゲンの関係について解説していきたいと思います。

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

コラーゲンとはどんな成分?基本情報はこちら

なんとなく肌に良い成分という認識のコラーゲンですが、実際のところはどのような成分なのでしょうか?

まずは、基本的な成分情報をご紹介していきたいと思います。

 

タンパク質の一種

コラーゲンとはタンパク質の一種で、私たちの体を構成する大切な成分のひとつです。

人間の体の約20%は、タンパク質で構成されているといわれています。

コラーゲンはそのうちの約30%を占めている重要な成分です。

 

肌への効果をイメージされがちではありますが、コラーゲンは皮膚だけでなく骨や血管などを作るうえで欠かせないものです。

実際にコラーゲンがどのような役割を担っているかというと、細胞同士を結び付けたり支えたりといった役割を果たしています。

どういう事かといいますと、バラバラだった細胞を形作りまとめることで外部の刺激から守る働きをしているというわけです。

 

コラーゲンは肌にハリや弾力を与えるだけでなく、骨を丈夫にしてくれるほか関節をスムーズに動かせるようサポートするなどたくさんの役割を担っています。

 

たくさんの種類がある

繊維のような構造のコラーゲンですが、そのコラーゲンはグリシンやプロリンといったアミノ酸によって構成されています。

 

ここからは少々小難しい解説になってしまいますが、ご容赦くださいね。

コラーゲンの繊維のような構造の1本をみてみると、たくさんのアミノ酸が連なって構成されたポリペプチド鎖と呼ばれるものであることが分かります。

実際のコラーゲンの構造は、3本のポリペプチド鎖がコイルのように巻かれた螺旋構造をしています。

 

皮膚や骨など役割を果たす場所ごとにそれぞれコラーゲンのタイプがあり、その数は全19種類も存在するといわれています。

たとえば骨や皮膚の場合はI型、関節や軟骨の場合にはII型というようにそれぞれ違ったコラーゲンになっています。

 

年齢を重ねると減少していく

私たちの体にとって非常に重要な成分であるコラーゲンですが、残念なことに加齢とともに減少する特徴があります。

一般的に体内のコラーゲンは20歳でピークを迎え、その後は加齢とともに減少していく一方だといわれています。

 

しかし、それでは必要な分のコラーゲンが不足してしまうのでは?と心配になってしまいますよね。

そのような事態を避けるためにも、食事やサプリメントからコラーゲンやタンパク質のほかアミノ酸を積極的に摂取することは非常に有効です。

 

ダイエット中だからと食事量を減らす方もいらっしゃいますが、これらの栄養素はきちんと摂取する必要があるため食事のバランスには注意が必要です。

加齢による体の不調は、コラーゲン不足が関係していることが多いといわれています。

重篤な症状に見舞われる前に、日々食事やサプリメントから十分なコラーゲンを摂り入れることか が非常に重要です。

 

体内で再合成される特性がある

コラーゲンを食べ物やサプリメントから摂取した場合、コラーゲンの分子構造が大きいためそのままでは体内に吸収されません。

まず、摂取したコラーゲンは体内で消化酵素の働きによりアミノ酸へと分解されます。

その後、再びコラーゲンへと再合成されるという流れになっています。

 

このようにコラーゲンの分子が大きいと、分解・再合成の工程があるため体内に吸収されるまでに時間がかかってしまいます。

コラーゲンを素早く確実に皮膚や骨に届けたい場合には、低分子化するなどして時間をかけずに吸収できるよう工夫する必要があります。

 

コラーゲンのはたらきによるダイエット効果とは?

脂肪燃焼を促進させる効果

気になるコラーゲンのダイエット効果については、脂肪燃焼の作用があるといわれています。

この脂肪燃焼作用は、コラーゲンを構成するアミノ酸のひとつであるプロリンによる効果によって起こる作用です。

プロリンには、脂肪の燃焼に必要な脂肪分解酵素のリパーゼの分泌を促す特徴があります。

リパーゼが多く分泌・活性化することで、結果的に脂肪燃焼効果を高めてくれるというわけです。

 

ただし、このプロリンを含むコラーゲンを摂っているだけではその効果が十分に発揮されません。

運動をすることで、それが脂肪が燃えるきっかけとなります。

コラーゲンを摂取しつつ脂肪燃焼のきっかけを与えることで、リパーゼが効率的に作用しスムーズに脂肪が燃焼されていくというわけですね。

 

筋肉量の減少を防ぐ効果

体内のコラーゲンが減少すると、体は自然とその分を補おうとはたらきます。

その際にアミノ酸が消費され、その結果筋肉を維持するために必要なタンパク質も減ってしまうことにも繋がります。

 

筋肉は、ダイエットと関係深い代謝を行う非常に重要なものです。

この筋肉が減ってしまうと、基礎代謝も下がってしまい太りやすい体質になってしまう恐れがあります。

 

食事やサプリメントなど外部から積極的にコラーゲンを摂取することでそれらのリスクを防ぐことができます。

また、並行して運動することでさらに筋肉量を増やすことができ基礎代謝を上げることも可能です。

 

生活習慣病を予防する効果

コラーゲンは体中の様々な部分で使われていますが、血管を作る成分のひとつでもあります。

弾力がありつつしなやかさのある健康的な血管を維持するためには、日頃から十分にコラーゲンが足りているかどうかがカギになります。

 

コラーゲンが不足してしまうと、血管は弾力やしなやかさを失い硬くなってしまいます。

すると血管が詰まりやすくなるため、動脈硬化や心筋梗塞などの重大な病気を引き起こすリスクが高まります。

 

また、血管に柔軟性がなくなってしまうと高血圧になりやすくなるといわれています。

インスリンの分泌も悪化する傾向にあり、その結果糖尿病や肥満にも繋がりかねません。

さらに、血糖値が上がりやすくなるリスクも懸念されています。

 

これほどまでに悪影響を及ぼす可能性があるとなれば、ダイエットをする・しないに関わらずコラーゲンが不足しないよう日頃から積極的に摂り入れていきたいところですね。

 

美肌以外にも?コラーゲンの嬉しい効果とは?

これまでご紹介していきたように、コラーゲンには美肌効果だけでなくダイエット効果も期待できるということがお分かりいただけたかと思います。

しかし、コラーゲンによる嬉しい効果はこれだけではありません。

 

以下にそのほかの効果についてまとめてみましたので、さっそく見ていきましょう。

 

まずは定番の美肌効果

コラーゲンと言えば、なんといってもやはり美肌効果です。

コラーゲンは、もともと肌に存在する成分です。

 

肌の真皮層と呼ばれる1.8mmほどの厚さの中には、網目状に張り巡らされたコラーゲンが存在しています。

この真皮層の7割を占めるコラーゲンは、肌の弾力やハリを左右する美肌に欠かせない重要な成分です。

真皮層で活躍しているコラーゲンを構成しているのが、繊維芽細胞です。

加齢とともに肌のコラーゲンが減少する原因として、この繊維芽細胞の働きが弱まってしまうことによるものとも言われています。

 

見た目年齢にも大きく影響する肌のハリやツヤ。

それらを支える重要な役割を担うコラーゲンを減らしてしまってはいけないと、積極的にサプリメントなどで摂り入れている方も大勢いらっしゃるようです。

 

実は効果なし?!コラーゲンサプリは美肌効果がないってホント?

コラーゲンを摂取したところで肌への効果はないという話が取り沙汰され、一時コラーゲンサプリの愛用者を驚かせました。

しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

 

詳しく調べてみたところ、このコラーゲンサプリに効果がないという説はコラーゲンが摂取後に体内でアミノ酸へと分解されることを根拠にしているということが分かりました。

確かに、摂取したコラーゲンは分子の大きさの都合上そのままの状態では皮膚や骨のコラーゲンにはなれません。

 

しかし、これが例えばお肉であった場合はどうでしょうか?

お肉を食べたからといって、それがそのまま体の肉にはなりませんよね?

とはいえ、確実にその栄養は体内で吸収・活用されているはずです。

コラーゲンに限らず摂取後に分解されるというのは、いわば当たり前のことですのでそれによって効果がなくなるとは言い難いところです。

 

さらに近年、研究の結果コラーゲンには美肌効果があることが証明されました。

 

 

繊維芽細胞を活性化させる効果

前項で触れたように、コラーゲンは摂取後に体内でアミノ酸へと分解されます。

すると同時に、繊維芽細胞が活性化することが分かっています。

この線維芽細胞とは、コラーゲンを生成する作用を持っていることから重要な役割を担っています。

 

つまり、摂取したコラーゲンの分解活動をきっかけに線維芽細胞が新たなコラーゲンの生成を始めるというわけです。

 

ヒザなど関節痛を緩和する効果

コラーゲンを摂取することで、つらい関節痛の緩和に効果が期待できます。

コラーゲンサプリのレビューを見てみると、摂り入れてから関節の痛みが和らいだという口コミも多く投稿されています。

 

関節とは骨と軟骨に加えそれらを支える筋肉で構成され、体の骨と骨とを繋ぎ合わせ動かす肝心なな部分です。

なかでも骨の間で衝撃を和らげるクッションのような役割を果たしている軟骨は、スムーズな関節の動きにとって非常に重要なものといえます。

関節を構成している骨や軟骨の材料になっているのが、コラーゲンです。

ここでもコラーゲンは大活躍しているわけですね。

 

多くの方が悩まれている関節痛ですが、実は更年期障害の症状のひとつとしても知られています。

しかし、症状がみられるのは更年期障害の方に限ったことではありません。

というのも、加齢とともにコラーゲンが減少することでどなたにも起こり得る症状といえます。

 

体内のコラーゲンが減少すると、軟骨までもすり減ってしまう場合があります。

すると、衝撃を緩和してくれるクッションを失った骨と骨が直接ぶつかってしまい関節痛を起こしてしまうというわけです。

 

そのような関節痛は、食事やサプリメントなど外部からコラーゲンを補うことで症状を緩和させることが可能です。

コラーゲンを摂取することで、すり減った軟骨が再生し関節の傷みが和らぐ効果が期待できます。

 

コラーゲンには様々な種類が存在していますが、関節と関係深い骨や軟骨を構成しているものはII型コラーゲンです。

関節痛の緩和に特化したコラーゲンサプリの中には、このII型コラーゲンを配合した商品が多く販売されています。

 

目の健康維持・補助効果

体中のあらゆる部分で活躍しているコラーゲンですが、実は目にも多く含まれています。

ひと口に目と言っても様々な器官で構成されているわけですが、なかでも特に角膜に多く含まれているとのことです。

コラーゲンを豊富に含んでいることによって、細菌やウイルスから目を守ることができるというわけです。

 

通常はコラーゲンを豊富に含んでいる角膜ですが、体内のコラーゲンが減少してくると角膜がもろくなり目の表面に傷ができやすくなってしまいます。

さらに、角膜炎や白内障など重篤な症状を引き起こす場合も考えられます。

 

そのほかにコラーゲンが不足することで起こり得る症状としては、老眼が挙げられます。

意外にも思えるコラーゲンと老眼の関係ですが、日頃からコラーゲンを積極的に摂ることで老眼の予防につながります。

 

いくつになっても目の健康を保つためにも、十分なコラーゲンを摂り続けたいところですね。

 

より効率良く!コラーゲンの吸収率をアップさせるポイントとは?

せっかくのコラーゲンの効果が十分に発揮されるようにするには、吸収率をアップさせる工夫が必要です。

以下にコラーゲンをより効率良く吸収するためのポイントをまとめてみましたので、さっそく見ていきましょう。

 

低分子化されたコラーゲンで吸収率アップ

吸収率には、その栄養素の分子量が大きく関係してきます。

実はコラーゲンの場合、もともと分子量が30万と高いため体内で吸収されづらいとされています。

このコラーゲン本来の分子量を100分の1の3,000ほどに小さくしたことで、より吸収率をアップさたものがコラーゲンペプチドと呼ばれる成分です。

 

コラーゲンを摂取すると、体内でアミノ酸に分解されます。

この時の分解された状態のものがコラーゲンペプチドと考えていただければ、イメージがしやすいかと思います。

 

コラーゲンサプリでは、主にこのコラーゲンペプチドを配合した商品が多く販売されています。

吸収しやすいコラーゲンペプチドを摂取することで、より効果を実感しやすくなるといえます。

 

このコラーゲンペプチドよりもさらに分子量を小さくしたのが、低分子コラーゲンと呼ばれる成分です。

最近では、この低分子コラーゲンを配合したサプリメントも増えてきたようです。

 

低分子コラーゲンの分子量は1,500~1,000とされていますので、もともとのコラーゲンと比較すると格段に吸収率がアップしていると言えます。

しかし、現在この低分子コラーゲンよりも分子が小さいジペプチドトリペプチドという成分が開発されているとのことです。

今後、コラーゲンサプリの主流となるかもしれませんね。

 

繊維芽細胞を活性化させる

コラーゲンは、20種類のアミノ酸から構成されています。

その20種類のうち多くを占めるものがグリシン・プロリン・ヒドロキシプロリンの3種類のアミノ酸です。

 

吸収率の良い低分子コラーゲンを摂取することで、ヒドロキシプロリンが血流にのって素早く体中に運ばれます。

すると繊維芽細胞にも速やかに届き、活性化した線維芽細胞がすぐさまコラーゲンの生成を開始するというスムーズな流れが出来上がります。

 

すでに分解されているコラーゲンを摂取することで素早く吸収でき、その後の流れもスムーズになるため効果を実感しやすくなるというわけですね。

 

コラーゲンは海洋性のものを選ぶ

コラーゲンには2つのタイプが存在しており、豚由来の動物性と魚由来の海洋性のいずれかに分類されます。

 

化粧品の場合、主に動物のコラーゲンが配合されてることが多いようです。

サプリメントの場合は商品によって配合されているコラーゲンが異なるため、商品選びに悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

 

豚由来の動物性コラーゲンのメリットとして、安価な点が挙げられます。

お手頃価格のコラーゲンサプリの多くは、豚由来の動物性コラーゲンを配合しています。

価格がリーズナブルというのは魅力的ですが、動物性コラーゲンにはデメリットもあります。

 

動物性のコラーゲンは、体内で吸収される温度が40度近くといわれています。

一般的な体温よりも高い温度を必要とするため、吸収されるまでに時間がかかってしまうことがデメリットとして挙げられます。

 

また、動物性コラーゲンは脂肪やカルシウムなどの成分が混ざりやすいといわれています。

そのため、コラーゲンとしての純度が低い場合が多くあるようです。

 

一方、魚由来の海洋性コラーゲンはどうでしょうか?

 

海洋性コラーゲンは魚の骨や皮、ウロコなどから抽出された成分でつくられたものです。

その特徴として、動物性コラーゲンよりも分子が小さいという点が挙げられます。

さらに、吸収される温度が30度以下と低いため非常に吸収されやすいコラーゲンです。

 

動物性と比較すると海洋性の方が気になるニオイも少なく、脂肪分がほとんどない魚由来ということでコラーゲンの純度が高いというメリットがあります。

デメリットを挙げるとすれば、海洋性コラーゲンを配合したサプリメントは値段が高い傾向にあります。

そのため、継続のしやすさ・手軽さという面では多少厳しい部分があるかと思います。

 

1日あたりの摂取目安量をきちんと把握する

他の栄養素とは異なり、コラーゲンの場合は1日あたりの摂取目安量が明確に定められていません。

一般的には5,000mg~10,000mg程度が理想とされていますが、10,000mgが最も効果的という試験結果も報告されているようです。

ただし、これらは食品からコラーゲンを摂取する場合の数値です。

 

分子が小さく吸収率の良いコラーゲンを配合したサプリメントを摂取する場合には、上記の目安量よりも少量でも十分な効果が期待できます。

たとえば、コラーゲンペプチドであれば4,000mg~8,000mgが1日あたりの目安量となります。

コラーゲンペプチド以下の低分子コラーゲンの場合は、さらに半分の量で十分といえます。

 

必要量以上に摂取したところで効果が増すわけではありませんし、食事から摂ろうとする場合にはカロリーオーバーにもつながり肥満のリスクが高まります。

サプリメントから摂取する場合は摂り過ぎてもプラスの効果がなく、ただ単にもったいないことになりますので摂取目安量を守るよう心がけましょう。

 

ビタミンCや鉄分と一緒に摂取する

コラーゲンが体内でアミノ酸へと分解されてから再合成される際に、必要不可欠な成分があります。

それは、ビタミンC鉄分です。

 

このビタミンCと鉄分は、コラーゲンを再合成する際に必要な酵素を補う働きをする重要な役割を担っています。

コラーゲンだけをたくさん摂取しても、これらの栄養素が不足してしまうとコラーゲン本来の効果が発揮されません。

十分な効果を実感するためにも、コラーゲンと合わせてビタミンCと鉄分を摂取するようにしましょう。

 

サプリメント選びの際には、ビタミンCや鉄分も一緒に配合されたもの選ぶと良いでしょう。

もしくは、毎日の食事からこれらの栄養素を補うというのもおすすめです。

 

ビタミンCや鉄分も体に嬉しい効果が期待できる成分ですので、積極的に摂り入れていきたいところですね。

 

まとめ

今回は、ダイエットとコラーゲンの関係について解説してきました。

ダイエットの結果だけに関わらず、コラーゲンは体に嬉しい効果がたくさん期待できます。

コラーゲンの効果を十分に発揮するためにも、合わせてビタミンCと鉄分を摂取することをおすすめします。

 

どれだけ優秀な成分でも、摂り過ぎは禁物です。

1日あたりの目安量をきちんと把握し、継続することが大切です。

皆さんも、日々の生活にコラーゲンを摂り入れてみてはいかがでしょうか?

 

コラーゲンだけじゃない!基礎代謝を上げる食べ物を効率良く摂取しよう!ダイエット効率がアップする食材とは?



すっぽんサプリ最新人気ランキング7選!ダイエット&美容に効果的な商品の選び方は?




基礎代謝を上げる食べ物16選!ダイエット効率がアップする食材とは?


-ダイエット, 成分, コラーゲン

Copyright© 人気おすすめすっぽんサプリランキング【2019】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.