現金を使わないキャッシュレス決済のさまざまなメリットについて紹介

今までの支払いは現金の受け渡しが一般的でしたが、ここ数年で現金を使わないキャッシュレス決済が浸透してきましたよね。
国もキャッシュレス決済を推進するなど、キャッシュレス化の動きは年々加速しています。
ただ現金の支払いに慣れている方は、キャッシュレス決済のメリットがよくわからないのではないでしょうか。
そこでキャッシュレス決済にいったいどんなメリットがあるのか、キャッシュレス決済について簡単に紹介します。

キャッシュレス決済にすれば財布がスッキリ

キャッシュレス決済のメリットの1つは、財布がスッキリすることです。
キャッシュレス決済は支払いにお札や小銭を使いませんから、その分財布がスリムになります。
特に小銭が減るのは大きなメリットで、キャッシュレス決済なら財布の中で小銭がかさばるようなことはありません。
キャッシュレス決済なら、小銭を扱うストレスから解放されます。

またすべての支払いをキャッシュレス決済にすれば、そもそも財布を持ち歩く必要がなくなります。
たとえばクレジットカードやスマホで決済を行うならお札も小銭も持ち歩く必要はありませんので、必然的に財布も必要ありません。

キャッシュレス決済にすれば財布がスッキリするのはもちろん、財布不要の生活を送ることも十分可能です。

キャッシュレス決済のペイペイを利用するメリット

キャッスレス決済の1つにスマホ決済がありますが、その中で多くのユーザーを獲得しているのがペイペイです。
ペイペイはテレビCMを頻繁に流していますから、たとえ利用していなくてもサービス名ぐらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。
そんなペイペイには、主に2つのメリットがあります。

メリットの1つ目は、ペイペイを利用することによる還元です。
決済にペイペイを利用するだけで、支払いに使ったお金が後日還元されます。
還元率はタイミングによってまちまちですが、利用さえすれば還元されるのは大きなメリットですよね。

そしてメリットの2つ目は、街の個人店舗なども幅広くカバーしている点です。
大手スーパーやチェーン店はもちろんですが、個人店舗などもペイペイはカバーしています。
すべての店舗が利用できるわけではないものの、ペイペイは利用できる店舗が比較的多いです。

これらがペイペイを利用するメリットです。

キャッシュレス決済はキャンペーンが豊富

主に還元やクーポンによる割引など、キャッシュレス決済はキャンペーンが豊富です。
キャッシュレス決済はだいぶ浸透してきていますが、それでもまだ過渡期の段階です。
ですので今以上にキャッシュレス決済を進めるため、各サービスがお得なキャンペーンをよく行っています。

支払いに対して20%還元や30%還元を打ち出しているキャンペーンもあるぐらいですから、キャンペーンがとてもお得なのは間違いありません。
現金支払いと比較して圧倒的にお得ですから、キャンペーンをきっかけにキャッシュレス決済を始める人がいてもおかしくありませんよね。

キャンペーンが行われればキャッシュレス決済を始めやすいですから、各サービスともキャンペーンには力を入れています。

日本は現金決済が主流でしたが、その習慣が徐々に変わりつつあります。
また今までキャッシュレス決済と言えば、クレジットカードの印象が強かったですよね。
ですが今はスマホを利用したQRコード決済や非接触型決済なども広く浸透してきています。

ペイペイをはじめとしたキャッシュレス決済には、さまざまなメリットがあります。
ですのでもしキャッシュレス決済に興味があるなら、少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。

生活利便性の向上につながるキャッシュレス決済の利用メリットと主な特徴

世界ではキャッシュレス決済が通常になっており、日本においても、国の方針としてキャッシュレス化が進められています。キャッシュレス決済を利用することで、消費者は様々な恩恵を受けることができます。

現金決済では得られないポイントなどの特典が付き、スピーディーな決済が可能になることで、生活の効率化が促進できます。キャッシュレスの特徴をよく知った上で利用することが、メリットを最大限に引き出す秘訣です。

現金を使わないキャッシュレス決済には、複数のメリットがあります。

普段は現金主義の人も、キャッシュレスを利用することで、生活利便性を高めることができます。

キャッシュレスに多く利用されている方法として、クレジットカード決済、デビットカード決済、電子マネー決済、QRコード決済などがあります。

それぞれで各業者が独自のサービス展開を行っています。

仮想通貨もキャッシュレスの一種ですが、これについてはまだ決済方法としては限定的です。

各自が利用しやすいキャッシュレス決済を選び、支払いの方法の中心にすれば、ポイント還元としてもメリットが大きくなります。

現金を持たないメリット

キャッシュレスは、カードかスマホがあれば決済できるため、現金を持ち歩く必要はありません。

財布の中の現金がなくなった場合でも、問題なく商品やサービスの購入が可能です。

現金決済をする場合は、足りなくなればATMでお金をおろす必要があります。

しかしこれには手数料がかかる場合が多く、利用者にとっては損です。

また、近くにATMがなければ、お金を引き出すことができません。

金銭を持ち歩くということは、紛失や盗難のリスクもあります。

キャッシュレス決済であればこの心配はないため、安全性の面でも優れています。

支払い時に、現金であればお金のやり取りが必要ですが、キャッシュレスは速やかに決済ができる点もメリットです。

小銭で財布が重くなることもなく、支払い時にお金を出し入れする面倒もありません。

ポイント獲得のメリット

キャッシュレス決済は、ポイントが付くメリットがあります。

1回の買い物で付くポイント数は少なくても、重なれば一定の金額になっていきます。

現金による買い物では得られないポイントが、キャッシュレス決済を利用することで得られるのは大きな魅力です。

ポイントは次の買い物にも利用できるため、家計の節約になります。

事業者はキャッシュレス決済に力を入れており、ポイント還元率の高いサービスもあります。

キャッシュレスは国の方針としても掲げられているテーマであり、これからも様々なサービスが展開されていく期待が持てます。

自分がよく利用する店舗やサービスと相性のいいキャッシュレス決済を利用することで、ポイント獲得や割引などの恩恵をさらに多く受けることができます。

お金の流れを把握しやすいメリット

お金の流れが把握しやすくなる点も、キャッシュレス決済のメリットと言えます。

現金であれば、いくら使ったかについての細かい流れが分かりにくくなります。

キャッシュレス決済の場合は、支払い記録が残るため、お金の管理がしやすくなります。

家計簿アプリと連動すればさらにしっかりした把握が可能になり、何にどれだけの金額を使ったかが一目瞭然です。

家計の見直しがしやすく、無駄遣いをチェックすることにも役立ちます。

店側のメリットとしては、現金を使わないことで会計ミスがなくなり、盗難防止にもつながります。

また、効率的な決済ができることで人件費を抑制できるため、その分のサービスを他に回すことができます。

これは利用者側にとっても更なるサービスの向上につながるため、顧客と店の両方にメリットがあります。

キャッシュレス決済に慣れていない人は、現金を持ち歩かないことに不安を感じる場合もあるでしょう。

確かに、店舗ごとで使えるキャッシュレスサービスに違いもあります。

よく利用する店舗のキャッシュレス方法について、把握しておくことが大切です。

キャッシュレス決済で受けられるポイント獲得やスムーズな決済は、生活の向上につながる大きなメリットです。

社会全体として、これから電子決済が中心となっていくことは確実であり、乗り遅れないためにもキャッシュレスに慣れておくことは重要です。

キャッシュレス決済を利用する前に知っておきたいこと

普及率が高まってきているのが、現金以外の方法で支払いをするキャッシュレス決済です。

クレジットカード以外に電子マネーなどの支払いも、キャッシュレス決済に含まれます。

スピーディな支払いができるなどメリットの多さで注目を集めているキャッシュレス決済ですが、導入前にはデメリットについても知っておくことが大切です。

日本でも普及してきているのが、現金ではなくカードやスマホなどを使って支払いを行うキャッシュレス決済です。

CMやお得なキャンペーン情報を目にしたことがあるという人もいれば、店でキャッシュレス決済に関する案内などを見かける頻度が増えたと感じている人もいるでしょう。

ただ、見かける機会が増えても、キャッシュレス決済に対して不安を感じる人もいるでしょう。

キャッシュレス決済はどんなシステムか、使うことによってどんなメリットやデメリットが発生するかなどを簡単に見ていきましょう。

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済の特徴は、現金ではなくクレジットカードやデビットカード、口座と連結をしているスマホなどで支払いを済ませることです。

クレジットカードを持たないという人でも、電車やバスに乗る時のカードやスーパーマーケットなどで使える電子マネーを持っているという人もいるでしょう。

こうした支払い方も、キャッシュレス決済の一つです。

そのため、キャッシュレス決済とは無縁と感じる人でも、気づかない間に使っているということは珍しくありません。

海外に目を向ければ、キャッシュレス決済が主流となっている国が増えてきています。

日本でも増えてきてるキャッシュレス決済ですが、現金主義という人もまだ多く、海外と比べると普及率は低めです。

そのため、キャッシュレス決済は危ないではないかと不安を感じる人もいますが、キャッシュレスを選ぶことで様々なメリットが生まれます。

キャッシュレス決済で得られるメリット

キャッシュレス決済のメリットは、手持ちを気にすることなく買い物ができること、スピーディに支払いを済ませられること、お金の流れを把握しやすくなることなどです。

現金しか持たない場合、欲しい物を見つけても手持ちのお金がないことが原因で、諦めなければいけない状況となることは少なくありません。

それに対し、キャッシュレス決済という形であれば、口座にお金が残っていれば手軽に欲しい物を購入できます。

ATM手数料などをかけることなく、口座から支払いができるため、時間を問わずお得に買い物ができるというメリットもあります。

さらに、支払いは現金のやり取りをするよりスムーズです。

現金を持たなければ、お金の管理が難しいと考える人もいますが、キャッシュレス決済はお金の動きを記録できるというメリットがあります。

手書きの家計簿をつけなくても、大体のお金の流れを把握できるようになるので、節約をしたい人にも最適です。

キャッシュレス決済で発生するデメリット

キャッシュレス決済のデメリットは、使えない場面に遭遇する可能性があることです。

急速に普及してきているキャッシュレス決済ですが、どこでも使えるという訳ではありません。

使うことができるのは、その決済に対応している加盟店のみとなるため、決済ができない場面が出てくることがあります。

さらに、災害などで電子機器が使えない状態になった場合も、支払いをすることができません。

そして、現金を持ち歩かないことによって、使い過ぎてしまう人というのも存在します。

そのため、キャッシュレス決済はメリットばかりとは限りませんが、導入する前にデメリットまでしっかり把握しておけば、安心して付き合っていくことができるでしょう。

キャッシュレス決済を導入することで、スピーディな買い物ができるな、ATM手数料の節約になるなど様々なメリットが生まれます。

そのため、キャッシュレス決済に少しでも興味を持っているのであれば、自分に合った決済方法を導入してみると良いでしょう。

ただ、キャッシュレス決済はメリットばかりとは限りません。

使えない店もまだ多い上に、災害などに巻き込まれると決済できない状態に陥る可能性もあります。

キャッシュレス決済導入前にはメリットだけでなくデメリットまでしっかり知っておくことが大切です。